読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジショニングあれこれ

先日の記事に対して、タカギマサルさんご本人から書き込み(アドバイス)をいただき、本日はそれを試すライド。

先日のポジショニングに対するタカギさんのアドバイスは、ハンドルをもう少し送ってブラケットを下げ、後ろ過重にならないようにした方がいいというもの。

走り出す前に、ハンドル位置を変更します。

先週のライドは、頑張りすぎてしまったので、今日は「最大心拍数の75〜80%、ケイデンス90以上しばり」で走りました。

だけどやっぱりクランク長を175ミリに延ばした影響か、40キロほどで回転を維持するのがつらくなってきました。60キロ過ぎからはヘロヘロな感じになってしまい、最後の10キロは53×16、17でちんたらーっと、走りました。

本日のポジ1

ハンドルの上側が水平(よりやや前上がり)に調整してます。印旛沼の双子公園にて。(便所に落書きすんなって)

本日のポジ2

ハンドルの上側、ブラケット部ともに、サドルとほぼ同じ高さです。

本日の感想
・ブラケットが水平に近くなって、やっぱり立ち漕ぎの時は楽です。
・手のひらが赤くなっていました。手に過重が大きかったか?
・腰が痛い。

本日の走行距離:103キロ