読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いやー寒かった

いやきつかったです。

雨、風、低気温、考えてみれば冬の雨の中って初めての経験だったかも。

<スタートからPC1まで>
スタート地点には30分前に到着。雨なので準備に30分かかる。スタッフのS氏が退院直後にも関わらず見送りに来てくれていました。ありがとうございます。
本日の同行者は今年からスタッフに加わったU氏。
定刻の8時に出発。今日はびしょぬれ覚悟です。
あらっ、サドルたかっ!
実は昨日、今年に入って装着しているブルプロを雨でだめにするのが嫌だったので、ロールスにピラーごと替えてきたんですが、メジャーが見当たらなくて適当に付けておいたのでした。信号ストップであわててサドルを下げる。エイヤ。
まあ、走れる高さになりました。が、本来の高さだったのかどうか。(またしても、「違いのわからない男」)
10キロほど走ったところで、U氏の巡航速度が速いので、「僕にはちょっと速いから、切れたら先に行って」と告げておく。

牛久の市街地で渋滞回避コースへ入るが、あとでみるとどうやら間違えたらしい。先の交差点でU氏がいないので、先に行ったのかな、どこかで待ってるのかな、と考えたけど、止まってると寒いので電話を入れて(つながらず)走り出す。
今日はU氏がWilcom、僕がソフバンなので、なかなかつながらない。

PC1(白子)に着く頃には寒気がしていて、暖かい食事で身体を温める。カップラーメン、ホットドリンク、おにぎりなどを食す。食べ終える頃、U氏が到着。だいぶ僕を待っててくれたみたい。

<PC1からPC2まで>
ここからは九十九里浜に沿って北東へ進む。今日は北東の風6メートルの予報。真っ正面からの向かい風。
しかも10キロも走らないうちにパンク。2ミリほどの小さい金属片がささっていました。ていねいにとって、チューブ交換。手が真っ黒。はーっ! ますますモチベーション低下。
U氏に引いてもらうが、向かい風が強くて最高22キロ、低いときは15キロを切るくらい。PC2までの63キロを3時間で走れず、お腹がすいたので、途中の商店で補給。ここでグローブがびしょぬれになっていたので軍手を購入。
犬吠埼の近くのアップダウンと強風でとどめをさされた感じ。
がたがた震えながら犬吠に到着。到着直前からどうしても「赤いきつね」が食べたいと考えており、目的を達した。
強風の中、コンビニの外で食べたので、食べ終えたらさっさと出発する。
あ、その前に銚子電鉄を撮影。(ほんとは犬吠岬の灯台を見に行きたかったけど、強風だったし寒かったし、断念しました。)

<PC2からPC3まで>
待ちに待った追い風区間。最初は30キロ超で快調に走り出す。
が、徐々に膝が痛くなり始める。寒さと濡れて冷やしたせいか。
遅れがちになるのを頑張って追いついていたけど、ついにガマンできなくなり、先行ってと告げる。そしたらU氏、ペースを落として走ってくれました。
せっかくの追い風なのに、まったりと走る。
ときおり、手がかじかんでどうしようもなくなる。
時間かかったけど、余裕をもってPC3に着きました。
PC3では何を食べたか記憶なし。

<PC3からゴールまで>
房総横断道路の登りにおそれをなしていたけど、暗かったし、PC3までセーブしたおかげでタレることなく、登れた。
ゴール地点、さらに先の出発地点まで何とか走りきり、試走を終えた。

まだまだ雨対策はできることがありそう。
レイングローブ、着替え、泥よけ、などなど、雨でも快適に走れないと200キロ超はきついですね。

本日の愛車(泥よけ付けてきたかったなー)