Vogue塗替え

1月中旬に塗り替えに出しておりましたVogue号ですが、はや2か月を過ぎ、流石に時間がかかり過ぎでしょうと、状況をお伺いしたく、オリエント工業の高比良さんに電話をさせていただいたのが、3月30日と4月2日。
両日とも電話がつながらなかったので、お病気でもされたのかと思っておりましたら・・・・、2日に森さんがお亡くなりになったことをその夜、FBで知りました。

愕然!!

そりゃ高比良さんとてお忙しかったことでしょう。つながらなくて良かったと思いましたよ。

そのうち、多くの元選手の森さんへのFB書き込みを見て、自分も何か書きたくなり、「森さんのアドバイスをもらってオーダーしたフレームを現在塗り替え中、できてきたら大事に乗っていきます」って書いたところ、夕刻に高比良さんから「今日送ったから」というメール。おおっと誰かが読んで高比良さんに知らせたのか。

だとしたらますます悪いことをしてしまいました。(そうでないといいけど)
この日は森さんのお通夜の日。そんな日にフレームを養生して梱包して発送・・・、普通やりませんよね。
とにかくありがとうございました。
(お通夜のあとの森さんの知り合いの方々の写真がFBにアップされてまして、高比良さんのお元気なお顔を拝見しました。)

で、翌日は森さんのお葬式。お誘いもあったのですが、辞退させていただき、自宅で過ごしておりました。
するとお昼頃にフレームが到着。この自転車を組み上げるのが、自分なりの森さんへのお礼というか供養というか、とにかくそんな気がして、とりかかることにしました。

そしてこんな風になりました。まだ完成前の写真なんですが。
このフレームのこと、そして今回のこの自転車に対する考え方なんかを、また書いてみたいと思います。

広告を非表示にする