読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へこたれました

先週末は、手賀沼発着のつくば300キロが開催され、実走スタッフとして参加してきました。
コースを設計したT氏に言わせると、「きついですよー。PC2までにタイムオーバーの人がたくさんでるかも!」とのことで、確かに前半の貯金が少ないうちに現れるアップダウンは、もしかするとタイムオーバーになりそう。

スタート地点は、手賀沼湖畔にある道の駅に隣接する広場です。
お天気には恵まれて、気持ちのいい朝でした。

朝7時から約20名ずつ5分ごとのウェーブスタート。元気に走り出す参加者のみなさんを見送り、僕も7時20分にスタート。
意識してゆっくり走ります。水分も定期的にとって、補給食もとって、スタミナを切らさないよう。

今回のハンドル周り。

サイコン(POLAR)+GPSGarmin Foretrex)に、やっぱり初コースで心配なのでキューシートも見やすいようにしておきました。これで助かったー。
(都合、ミスコース3回しました。)

つくばの最初の上り(不動峠)は、余裕を残して上りました。あらかじめ決めておいた到着予定時刻にドンピシャ! この調子。
で、下ってPC1到着。数名の参加者が休憩・補給中。

さて、ここから本格的な山コースです。同じように余裕を残して上ろうとするのですが、ゆっくり走ってもきつくなってきました。そしてついに、きのこ山付近では限界に。ゆっくり走ってもきついものはきつい。
足が痙攣し始めてます。ありゃー、こりゃ思ったようには行かないぞ。
それでも予定より遅れているわけではないので、気を取り直して走ります。尾根を縦走するコースでアップダウンが連続します。きつくなった他の参加者も多く見かけました。

そうこうするうちに、シークレットポイント到着。スタッフのH氏とU氏が待っていてくれました。カードにサインをもらって再スタート。

ここから、もう1つ上りがあるのですが、ここもきつかった。痙攣の連続です。ようやく山区間を終え、笠間への下りへ。ところが足に力を入れられない。すぐ攣りそうで。

茨城−栃木県境の仏峠も勾配以上にひいひい言いながら上り、15時過ぎに茂木のPC2に到着。ここでもほぼ到着予定時刻どおりです。ただ、こんなひどい状態で到着する予定ではありませんでした。

PC2ではスタッフのS氏、A氏がチェックのため待機してくださっていました。うーん、食欲がなくなってるなー。大丈夫かなー。ま、ここから先は平坦基調だから何とかなるでしょう。(って、実は甘かった。)

スタッフが用意してくれていたドラ焼きです。つくばに名店があるそうで、そこで買出ししてくれてました。一ついただきました。

ここPC2からは少し貯金を作るべく、ちょっとだけ頑張って走ろうとします。でも体のだるさは軽くなっていません。

PC3(午後7時くらい)では夕食を食す。
そして走り出したとたん、思うように走れなくなってしまい、そこからは惰性で動いていくという感じでした。ペダルをこぐのがいやになって、足を止めてみたり、道端に座り込んでストレッチやマッサージをしてみたり。次々と他の参加者に追い抜かれるー。

もうブルベなんかやめるー、と思いながらPC4到着(夜11時)。
PC4前で愛車を撮影。

ここで多くの人に会って話ができたので、ちょっとだけ元気を取り戻す。あと50キロだしね。食えるだけ食って、出発。
と、雨が・・・。えーっ! 今日は雨0%の予報でしょ。
ときおり少し強い雨になって、こんな寒い中で濡れたらどうなるんだろうと、心配しながら走りました。結局、1時間半くらいで止みました。

そして午前2時半すぎ、制限時間を1時間切った状態でゴール地点到着。途中、抜きつ抜かれつしてきた3人組に祝福していただきました。お疲れ様ー。いや、きついブルベでした。

今回、このブログにコメントをくださっているHuret2100さんとお会いすることができました。なんと、以前の大会で僕好みの素敵な自転車で参加されていたので、写真を撮らせていただいたことがあるお方でした。
そしてゴール時にはちょっとご一緒させていただき、いろいろ話をさせていただきました。スチールフレームのガード付という共通点があり、今後も是非ご一緒させてくださいね。

ゴールを撤収し、帰宅したのは明るくなってからでした。お風呂に入って、体重を量ったら3キロも減ってました。ブルベではよく食べるのでかえって増えているくらいなのですが、今回は補給もうまくいってなかったようです。