読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

400kmを一人ぼっちで

もう2週間も前のことですが、南房総400kmの試走に一人で行ってきました。

一人っきりの400kmなんて初めてです。大丈夫かなーと不安だらけでした。

幸いにも天気は超良好。

<スタート〜PC1(約40km)>朝7時に袖ヶ浦を出発しました。とにかくマイペースを維持して、最後まで力尽きないように走ること、それを心がけて走りました。無理しない、無理しない。そのためにPOLARの表示を普段の「速度&ケイデンス」じゃなく、「時刻&走行距離」に切り替えて、速度じゃなく体への負荷と相談しながら走ることにします。PC1まではおなじみの平坦コースなので、ウォーミングアップのつもりで極力抑え気味に。

<PC1〜PC2(約50km)>前半の山場です。愛宕山、峯岡林道をつなぐ新緑の中のきれいなコースでした。ただ時折現れるきつい勾配の上りが・・・。何度目かの上りで、やはり腰に違和感が出ました。前回の300kmで腰痛がひどくて、力が入れられなくなり、実は今回も直前まで普段でも痛いという状況だったのですが、直ったようだったので走り出したのです。やっぱり簡単には直らないものです。ということで、勾配が5%を超えるような上りは、無理せず押し歩きをすることに切り替えました。(以降ゴールまでずっとです。)
おかげで、自転車をこいでいたら見逃してしまうような風景もじっくり見ながら通過しました。
長狭街道の横根峠にて。

圧巻は林道の最後、鴨川への下り道で太平洋が見えたとき。きれいでした。

PC2の天津小湊のセブンイレブンで昼食です。

<PC2〜PC3(約50km)>前半山場の第2弾。安房小湊から内浦山へ入り養老方面、林道を抜けて大多喜、一宮までです。キューシートの最終チェックのつもりでしたので、交差点ごとに確認していましたが、それでも何度かミスコースしそうになりました。こりゃあGPSがないと無理かなー? 大多喜からはおなじみのコース。無事、一宮のローソンに到着です。暑い! 日焼けしてます。

<PC3〜PC4〜PC5(140km)>一宮から九十九里浜沿いに銚子・犬吠崎までのほぼ平坦なコースを往復するコースです。忍耐です。退屈です。この日は風が強くなくて幸いでした。
銚子漁港のあたりで痛恨のミスコース。うろうろしているうちに何とか元に戻り、PC4犬吠のセブンイレブンで夕食をとりました。強くないとはいえ、復路はちょっとだけ向かい風。信号が少ない道路で気分転換ができないので、ときおり自転車を降りてストレッチ。PC5一宮のローソンに戻ったのは深夜11時半ころでした。

<PC5〜PC6(約80km)>後半の山場です。大多喜から養老渓谷に入り、おなじみの三石山のあとは、房総スカイライン、鹿野山の3連発が待っています。この区間、あまり途中にコンビニもないことがわかっていましたので、補給を多めに、食料も少し持って走り出したのですが・・・。
大多喜からの林道が薄気味わるく(深夜1時くらいです)、髪の毛が逆立つような感覚に襲われました。三石山でも怖いなーと思って走ってて、止まるのがいやで補給を怠ったのがよくなかったのでしょうか、房総スカイラインに入ったところで、急激に空腹感が出て動けなくなってしまいました。(緊張が解けてというのもあるかも)
道端に座りこんで(有料道路だから車のスピードが速い、こわい)、持っていたものを食べて目をつぶって回復を待ちます。
そうこうするうちに何とか走れそうになってきましたので、再スタート。
鹿野山の上りでは眼下の朝もやがきれいでした。(上り途中で夜が明けた)

<PC6〜ゴール(約40km)>鹿野山の下りでマッドガードのネジがゆるんでPC6で直すのに一苦労。でも、最後なのでちょっと元気に走れました。そして日差しが強くなり始めた7時56分、袖ヶ浦に無事ゴールしました。

今回の愛車と装備です。

サドルバッグ&サポーターはすこぶる良好でした。